【2021年】口臭に効く薬局で買える歯磨き粉おすすめ人気5選

 

皆様お疲れ様です!おかじです!

 

日本の歯磨き粉市場で上位を占める5大メーカーの中から、特に「口臭用」として売り出されているシリーズをピックアップして解説します。

 

          f:id:okajiblog:20210708211332j:plain

 

 ピュオーラ 液体ハミガキ ナノブライト 美白 400ml [医薬部外品]

内容量:190ml 販売価格:1,300円前後

〇泡で出てくる歯磨き粉の新体験

ピュオーラ泡ハミガキはペーストやジェルではなく、泡で出てくる新感覚の歯磨き粉です。使い方としては、舌の上に泡を直接のせてクチュクチュした後にブラッシングをします。

舌の上に密着した泡が舌苔の除去をしてくれるので、舌磨きの習慣がない人にもおすすめです。また、塩化セチルピリジニウムが口臭の原因菌を殺菌して口臭を予防してくれます。

今までにない独特な使用感が気に入って使いつづける人も多いので、歯磨きの時間が苦手な人も続けやすいのではないでしょうか。研磨剤が入っていないので電動ブラシの方も安心して使えます。

  • 〇成分
  • ・口臭ケア成分:イソデシルガラクトシド液、塩化セチルピリジニウム(CPC)
  • ・その他の成分:グリチルリチン酸ジカリウム
  • ・フッ素:なし
  • ・研磨剤:なし
  • ・発泡剤:あり

 

 

 

            f:id:okajiblog:20210708211541j:plain

 

サンスター薬用塩ハミガキ 当帰の力すっきりさわやか香味 85g (医薬部外品)

内容量:85g 販売価格:800円前後

〇生薬の力で口臭をともなう歯周病を防ぐ

抗炎症作用を持つ生薬「当帰(とうき)」のエキスを独自配合した非常にめずらしい歯磨き粉です。いかにも苦そうなパッケージが印象的ですが、実際は苦味は少なく、塩を18%配合してるため塩味を感じる使用感です。

当帰、塩、塩化セチルピリジニウム、ビタミンEが歯茎の炎症を抑制し、栄養を与えることで口臭をともなう歯周病を改善してくれます。

一般的な歯みがき粉のような爽快な使用感はありませんが、一度使ったら他の歯磨き粉に戻れないという意見が多く見られるアイテムです。

  • 〇成分
  • ・口臭ケア成分: 塩化セチルピリジニウム(CPC)
  • ・その他の成分: 当帰、塩、ビタミンE
  • ・フッ素:なし
  • ・研磨剤:あり(塩)
  • ・発泡剤:あり

 

 

 

  •        f:id:okajiblog:20210708211826j:plain

 

NONIO(ノニオ) [医薬部外品] ハミガキ クリアハーブミント セット 130g×2個+フロス

内容量:130g 販売価格:250円前後

〇コスパに優れた口臭対策歯磨き粉

口臭科学から生まれた口臭の悩みを解決するための歯磨き粉です。トリプルアクションで口臭の原因を取り除きます。

  1. 1. 洗浄成分(炭酸水素Na,ポリリン酸Na)が、口臭の発生原因である"菌のかたまり"を分散。
  2. 2. 殺菌成分LSS(ラウロイルサルコシンNa)が口臭原因菌を殺菌し口臭の発生を防止。
  3. 3. ブレスリフレッシュ成分が不快な口臭をリセット。

ステインも落としてくれるので、歯の着色が気になる人にもおすすめです。合成香料ではなく、天然のミント成分が配合されているので心安らぐリッチな香りを毎日楽しむことができます。

  • 〇成分
  • ・口臭ケア成分: 炭酸水素Na、ポリリン酸Na、ラウロイルサルコシンNa
  • ・その他の成分: ポリリン酸Na
  • ・フッ素:あり
  • ・研磨剤:あり
  • ・発泡剤:あり

 

 

 

            f:id:okajiblog:20210708212223j:plain

 

第一三共ヘルスケア 薬用イオン歯みがき ブレスラボ ダブルミント 90g

内容量:90g 販売価格:1,000円前後

〇臭いの原因を徹底的に除去する

気になる口臭に対して香りでごまかすのではなく、臭いの原因物質を元から除去することを目的とした人気の歯磨き粉です。

塩化セチルピリジニウム(CPC)とラウロイルサルコシン塩(LSS)が口臭の原因菌を殺菌。ゼオライトが口の中に残ったたんぱく質などの「臭いの原因物質」を吸着し、臭いの元を取り除いてくれます。

また2種の抗炎症成分を配合。歯周病などから発生する口臭にもしっかりと予防をしてくれます。

毎日のブラッシングでしっかりと口臭ケアをしたい方におすすめです。

  • 〇成分
  • ・口臭ケア成分: オライト、ラウロイルサルコシン塩(LSS)、塩化セチルピリジニウム(CPC)
  • ・その他の成分: ε-アミノカプロン酸、グリチルリチン酸ジカリウム
  • ・フッ素:なし
  • ・研磨剤:あり
  • ・発泡剤:あり

 

 

 

        f:id:okajiblog:20210708212519j:plain

 

[医薬部外品]カムテクト ホワイトニング 歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏) 予防 歯みがき粉 105g

内容量:105g 販売価格:800円前後

〇健康的で口臭のない口内環境を目指す

歯周病予防として人気の高いカムテクトシリーズの口臭ケア特化タイプです。約70%配合されているエクストラファインパウダー(炭酸水素ナトリウム)によって効果的に歯垢を除去します。

また、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)による殺菌作用とMAG(グリチルリチン酸モノアンモニウム)による抗炎症作用で、歯肉炎、歯槽膿漏を防ぎます。

健康的な歯茎を目指しながら、口臭ケアもできるおすすめのアイテムです。

  • 〇成分
  • ・口臭ケア成分:グリチルリチン酸モノアンモニウム
  • ・その他の成分: イソプロピルメチルフェノール
  • ・フッ素:あり
  • ・研磨剤:あり
  • ・発泡剤:あり

 

 

口臭ケアで最も大切なのはブラッシング

使いたい歯磨き粉が決まったら、使い方にも注意しましょう。歯磨き粉はブラッシングに相乗効果を与えるアイテムであって、オーラルケアで最も大切なのはあくまでもブラッシングです。歯磨き粉の量は、1回の歯磨きにつき、約1グラム(1〜2cm)が最適だと言われています。

 

すすぎは少なめに

薬用成分を口の中に残すために、すすぎのやりすぎは注意です。少量の水(約10ml)を口に含んでブクブクうがいを30秒程度行って吐き出します。そうすることで隅々まで薬用成分が行き渡ります。すすぎは1回で十分です。

定期的に舌も磨く

舌の奥の中央が薄っすらと白くなっていませんか?それは舌苔(ぜったい)と呼ばれるものです。舌苔は食べかすや口の中の粘膜が積もってできたもので、口臭の原因になります。毎朝の歯磨きのついでに表面を優しくなでるように歯ブラシで磨きましょう。舌の表面はとても傷つきやすいので力の入れすぎには注意してください。

三か月に一度はプロのクリーニングを受ける

歯科衛生士や歯医者さんなど歯のプロフェッショナルでも、ホームケアで歯垢を100%落とすことはできないといわれています。歯垢は数日で歯石になります。歯石は口臭の温床になるので、3カ月に1度は歯科医院で定期メンテナンスを受けるようにしましょう。

 

 

  まとめ

 

口臭ケアにおすすめの歯磨き粉選びについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

ひとつ注意していただきたいのが「含まれている薬用成分の種類が多い」=「優れた歯磨き粉」ではないということです。薬用成分にはそれぞれ相性があって、なかには一緒に配合すると成分同士がケンカして効果が減少するものもあります。

「薬用成分を〇〇種類配合!」といった謳い文句を鵜呑みにせず、いくつかのアイテムを実際に試してみて、ぜひ自分にあうものを見つけてください。以上おかじでした!